天国と地獄の証言
tengokujapanese.com

ホリー L. ムーディ


なぜ祈るべきなのか?

ホリー L.  ムーディ

2000 1月28日  午後8:15   ホリー L ムーディーが体験した出来事

 

www.DivineRevelations.info/JAPAN

 

 

ThroneOfGod 神様が大きく白い王座に座っておられるのをみました神様の前には長い行列がありました私はこれらの人々に顔がなかった事実に当惑しました顔があるべきところには顔がなかったのです

 

一人一人主の御前にくる時主は本を開きその人が生涯にしたことすべてを読み上げましたその本にはすべてが記録されており主である神様ははじめから終わりまですべてを読み上げましたある特定の列にいる人たちは審判を下されて地獄に行きなさいと命じられました主なる神様がそれぞれの人々に有罪と判決をくだす時人々は泣き始め叫び始め一度チャンスをくださいと懇願しました主は頬に涙を流しながら頭をふり言いました生きている間に悔い改め神様のために生きる機会が沢山あったのだよと言いましたこれがすっかり完全にしばらく続きました

Faceless

主は私を見て聞きましたなぜあなたは何もしていないんだい? 私は困惑し何をしなければならないでしょと私は返事をしました主は祈りなさいと答えられましたそして私は祈りましたしかし熱心な祈りではありませんでしたしばらくして主は関心を持って振り返って言いましたこの人々をみてみなさいよくみてみなさい私は見てみると顔が現れてきたのです顔がなく曖昧だったその人々はちゃんとした人々になったのですそして彼らは私の知り合いでしたなのでより熱心に祈り始めましたその後主は厳しさを持って私に振り返り言いました一度この人々を見てご覧なさいそしてその人々は私の友達になったのですそして主はもっと一生懸命祈らなければなりませんと警告されました私はより一生懸命祈りましたしかしいぜんとして主の前には長い行列があって主はそれぞれの人生の記録の本を読み有罪と判決をくだしました

BookOfLife

そしても一度主は怒りを持って私に振り返りました主は非難された人たちの霊に対して涙を流して嘆ておられました。あなたはここで何が起こっているのか本当に理解していますか主は私に聞きました注意しなさいそして穴が行列の後ろにあらわれ開きました私はその穴を見つめていましたそこから恐ろしくすさまじい暗闇がきたのです沢山のめき声叫び声激しく嘆き悲しむ声めき声がその暗い穴から聞こえました主は私に見てご覧なさいと言われました怖くてしたくなかったのですがあたかも一つの手が私の背中をその暗い穴の端に行かせる感覚でした

 

私が穴の端っこについた時下を見ましたが恐ろしさと怖さのあまり引き返しました暗い穴の中を見ることができました長く下って行くトンネルのよで穴の底にはいらだったたくさんの人々がごったがえしていましたとても混んでいてお互いのスペースがありませんでした炎とオレンジ色の燃えるよな明るさが暗い穴からありました硫黄の匂いがし火と炎が見えました激しい火の熱を感じ穴の底にいる人々の身体じゅ至る所にジ虫が見えました人々は炎の中にいましたが消滅されることはなく火による激しい苦痛と痛みで人々は叫んでいました彼らは上の方に穴が開いているのを見ててや腕を上にあげました彼らは休みなく巨大な波のよに移り動いていました人々は救出と憐れみを求め叫んでいましたがそこには救出も憐れみもありませんでした

 

私は失望と恐怖で暗い穴の端っこから身を引き返しましたそして王座に座っていらっしゃる主を見ました主はまだ本を読み続けていました王座の隣には大きく終わりのないぐらい積み重なった本がありましたそして私はその本にどんなことが書かれているのかそして彼らは有罪と判決される予定だったことが分かりましたそして主の前には審判を待つ終わりがないほどの長い行列があるのをみました私は彼らの顔がとてもはっきり見ることができました友達家族親戚だったのですそして彼らは非難される暗い穴の中へ投げられ彼らが長いトンネルに落ちる時の叫び声を聞きました

 

HellPeople 主はたくさんの涙を流されて私に言いましたさあ祈りなさい私は神様がこの人たちを憐れんでくれるよに泣き叫びましたそれぞれの人が有罪と判決されると私は穴の端っこに行って暗い穴から人々を連れ戻そとしました私はその人達の手と腕をしっかりつかみましたしかし彼らは滑ってしまいました無我夢中で私は暗い穴の中から私が愛している人々が滑っていかないよに絶望的になりながらもしっかりつかんでいましたそして私は主に手を延ばしつかみ片方の腕を暗い穴の方に伸ばし人々をつかみ穴の中からその人たちを引き返そと試しました

 

離しなさい主は言われました私はもし私が主の手を離すのなら私が穴の中へ落ちてしまいます反抗しました主は離しなさいと再度言われ私は離しました見えない手が私を握っているよな感じでした私は暗い穴の端っこに横になり穴の中へ落ちてしまっている人々の腕をしっかり握ろと穴の中へ手を伸ばしました私は穴の中からくる火と炎で自分や焼け焦げそな感覚でしたそしてなにか爪のよなものが私に届いて私を刺しているよな感覚がありましたそして腕が焼ける感覚と腕に掻き傷がありました

 

PrayingKnees 私は泣きました私が愛した人々に神様からの救済があるよに叫び求めましたそして神様に私が愛した人々に神様の憐れみがあるよ穴の中へいかないよ有罪判決とならないよに懇願しました主は言いましたあなたが愛していて、救われていない人を祈るのは、簡単でしょう。そして主は私にこいました失われた人たちは私が愛するこどもだったことを覚えておきなさい私は私のこどもに失われた私の子供のために祈って欲しいのですあなたが彼らのために祈っているよ私は失われた私の子供のために、とりなしをする世代を立ち上げますこのとりなしをする人々は

戦いの熱を感じ焼き焦げます地獄の力が彼らにやってきアタックしてきますしかし私は彼らと共にいます私はしっかり彼らをつかみますだから今こそ祈りましょ

 

 

Translated by Yuka Leaman yukagrace5@gmai.com

 






Website Builder